やりくりを趣味のように楽しんでいます

結婚してから、100万円を底辺に生活が始まりました。給与も光熱費・食費などの生活費は全てこの口座で管理しています。
まず主人の給料日に食費3万を封筒に入れます。その他の毎月発生する住宅ローンなどの固定金額は全て給料日に引き出します。ある程度の残高を把握できます。
そして交際費として私の給料から3万円を封筒に入れます。目標が出来るので毎月ごとに使い過ぎ・無駄遣いが把握できます。
そして食費は3万で毎月あまりが出ます。主人の実家は米・野菜を作っているのでお金が掛かりません。お酒も貰い物で済ませています。
買物方法は大量買いです。今月余裕があるなと思う時にお肉や魚など大量に買ってそれぞれ下ごしらえをしてジップロックで冷凍をします。そして買物は毎日行きます。
その日のメニューしか考えられないのもありますが、その日の特売品でメニューを考えたりもできるからです。
外出が多いので、光熱費も周りより随分安くなっていますそれでも税金のかかる月は赤字が出ます。その分、ボーナス日は大黒字になります。口座は150万を超えると別の口座に50万移し、常に100万円をキープできるようにしています。そうやって貯まっていったお金はいざという時の為の資金として手を付けません。そして大きな買い物の時は必ずクレジットカードで支払います。カード用の口座を別で作り、使う度にその金額を下ろして入れるようにしています。衝動買いの私が使い過ぎないための対策です。そして一番削れないのが養育費です。2人いるので2万円をキープできるように、使った分は給料日に2万になるように足します。
医療費も同じように1万円をキープできるように管理しています。
やりくりをするけど、ご褒美Dayもきちんと作ります。
手抜きのオンパレードもあれば、豪華にご飯を食べに行ったり、旅行にも年に2,3回は行くようにしています。こうやってコツコツお金が貯まって行くのが楽しくてたまりません。
住宅ローンの「借入可能額」の決め方とは? 審査の専門家が、銀行内部の計算法を公開年収別に、本当に借りられる額を試算してみた!
住宅を購入する前に知っておきたいのが、自分の「借入可能額」だろう。そこで、住宅ローンの借入可能額について、金融機関で住宅ローンの審査を担当していた専門家に聞いたところ、銀行内部では「審査金利」という、独自の金利を使って審査しているという。この審査金利を使っ (続きを読む)


管理はすべて妻の役割。

結婚した当初から、家計の管理は妻の私が担っております。夫はあったらあるだけ使ってしまうタイプで、何にいくら使ったのか覚えられないからです。私自身で管理しているので、家庭内のお金の動きなどはすべて私が把握しています。
(夫は最低限のお小遣い制です。ですので、いい事と言えば、少しこっちで浮いた分でちょっと贅沢を!なんてことができるくらいでしょうか。大変なのは、家族はあれ欲しい!これやりたい!次の旅行であそこに行きたい!と、好き勝手に言ってわくわくするばかり。私は常に、あ~これはいくらかかるかな~もう少しランク下げなきゃな~と、シビアにお金のことばかり考えなくてはならず、楽しさ半減しています。
子供たちに、あれはダメこれはダメって言わなきゃ行けないのも辛いですね。我が家は、必要な予算を立てて、月に一度銀行へお金をおろしに行っているので、家にあるお金は必要な分だけ。私自身も夫よりはできる方ですが、私もあまり家計の管理は得意な方ではないので、無駄にたくさんあると使いたくなってしまうし、その都度おろしたりすると残高がどれくらいかわからなくなるのです。
しかし、それで困る事と言えば、今日飲み会だからお金ちょうだい!と、夫から当日に訴えられたりすること。夫の会社の飲み会などは別予算なので、家にはその分のお金はありません!。飲み会となると1次会2次会3次会にタクシー代まで計算すると、軽く1万円は超えてしまう…そんな事をいきなり言われた日は頭が痛いですね。なるべく早めに行って欲しいとは言っているのですが、仕事が忙しかったりすると夫も言いそびれることもあるみたいで…。かといって、銀行カードなどを夫に持たせるのも心配(財布をよく無くすことがあるので)なため、コンビニへ急いでおろしにいったりしています。
その辺はちょっと見直しが必要かな…と思っているところです。
旦那さまが管理されているご家庭のことを聞くと、少し羨ましいなぁ~と思うこともあります。もらった分だけでやりくりすればいいだけですもんね。
でも、我が家でのこのスタイルは、多少の見直しをしつつ、多分これからもずっと変わらないかと思います。
「住宅ローンプラザ」移転のお知らせ
ソニー銀行株式会社(代表取締役社長:伊藤 裕/本社:東京都千代田区/以下 ソニー銀行)は、JR 東京駅前に設置している対面相談窓口「住宅ローンプラザ」を銀座へ移転し、2017 年9 月1日(金)より、GINZA PLACE(銀座プレイス)において「CONSULTING PLAZA( (続きを読む)


お金の借入先として銀行を選ぶ

お金が必要になるときは、ほとんど突然の場合が多くなります。そのために、急遽どこで借入をするのかという問題がでてきます。
やはり、自分が安心して借入ができるというのが一番のポイントです。
銀行は、町中でも店舗が多くあり、また場所もアクセスがいいところにあります。
知名度もあり、大手なので銀行を選ぶことにしました。まず、借入には必要なものがあり身分証明としては運転免許証が一番確かですが、ない場合にはパスポートや健康保険証でも代用ができます。最近は、店舗まで行かずに自宅でパソコンやスマートフォンなどでも審査を受けることができます。自分も、店舗は近くにありますが知人に見られるのが嫌なので自宅のパソコンから申請をしました。申請をする前は、パソコンにあまり詳しくないのでできるのか不安はありました。
しかし、実際は意外とわかりやすく指示通りにしていくと簡単にできました。審査後は、メールで確認ができるのでそれも安心できます。自宅からでも、銀行での借入ができるのは便利です。パソコンからなので、時間も気にすることなく審査を待つ間も退屈することがありません。結果は、審査が通過したというメールをもらい無事に借入をすることができました。

物件価格以外にかかる費用・税金の種類 不動産取得にかかる「予想外のお金」
物件購入のお金とは別の手数料や税金といった費用は、思わぬ負担となるので注意が必要だ。 中古の2LDK(75平方m)のマンションを購入したAさん。子どもも転校した学校に慣れたし、旅行にでも行こうかと妻と話し合っていた。ところが「えー、25万円だって!」という妻の悲鳴。(続きを読む)


銀行でのキャッシング体験談

私がキャッシングを利用したのは、最初はクレジットカードのキャッシング枠でした。毎月、計画性もなく給料を使ってしまい、支払いに間に合わせようとキャッシングしては翌月に返済するということを繰り返していたのですが、それでは根本的に生活が立て直せないことに気づきました。
その時は良くても、またすぐに資金不足となってしまうからですそこで、できればすぐに融資をしてくれるところで、まとまった金額を借りて自分の経済状態を見直してみようと考えました。小さなところはなんとか金融道のような取立屋さんのイメージがあったので、大手の金融会社を探してみたところ、銀行のCMが目に飛び込んできました。銀行なら利率設定も良心的だし、思い切って申し込んでみることにしました。
早速、ネットでホームページを検索し、簡単な条件を入力して仮審査はOK。
融資可能の可能性が高いということで正式な申込みをしましたもちろん来店の必要はなく、webでOKです。そして、1時間も待っていなかったと思いますが、すぐに電話連絡がありました。後は、源泉徴収票や身分証明の書類を写真に撮ってメールで送信するだけでOKとなりました。こんなことなら、もっと早く申し込んでいれば良かったと思っています
銀行が調べても、ばれない借金がある!?住宅ローンの元審査担当が明かす、真の「調査力」
クレジットカードでのキャッシングもれっきとした借金だ。 また、「分割払い」も借金なので注意したい。分割払いする商品として多いのは、携帯電話、着物、リフォーム代、エステや英会話教室の利用券など、高額なものが中心だ。本人には借金という意識がないことが多いので、 (続きを読む)


まだローンを払っている最中ですが・・・。

ありきたりの答えですが、ズバリ、お家です。結婚と同時にマンションを購入しました。その時はまだ子供もいなくて、夫婦共働きだったので収入も良かったのでローンもさほど負担に感じていませんでした。しかし義両親が「一緒に住みたい」「マンションは嫌だ」と言い出し、土地を購入して二世帯住宅を建てました。
都心から離れているとはいえ、マンションの倍近くの金額になってしまいました
その時は子供も生まれており、私は仕事を辞めて専業主婦になっていました。引っ越した後に主人は転勤し、残業手当がほぼつかない部署になったので収入が激減し、ローンがものすごく重く感じるようになりました。
だから余計に高額な買い物をしたという気持ちがあります。建てて終了という訳ではなく、固定資産税も毎年かかってくるし、いろいろメンテナンスもしなければならないので、まだまだお金はかかります。もうすぐ建てて8年になりますが、門柱の壁が汚れてきました。
色を塗り替えたいのですが、毎月の支払いでいっぱいいっぱいなので、そこまで手が回らずにいます。これからもずっと住宅ローンの他に、その他もろもろかかってくるので頭が痛いです。もう二度と買える物ではないので、これからも大切に住み続けていきたいと思っています。
カナダ最大の住宅ローン会社で取付け騒ぎ 不動産バブルが弾ける?
カナダ最大の住宅ローン会社で、サブプライムの借り手を相手に商売しているホーム・キャピタル・グループが経営危機に陥っています。 経営危機の噂を聞きつけた預金者たちが、同社の提供する高利回り預金を引出し、これまでにこのタイプの預金の72%が流失したそうです。(続きを読む)


銀行に30万円申し込み即日借入できました

友達の誘われて海外旅行に行く事になったのですが、お金がありませんでした。普段から結構無駄遣いが多く貯金まではとても出来ていなかった為です。
そこで断ろうかと思ったのですが、ここで断ればもう行く機会もないような気がして、少し無理してお金を用意することにして、キャッシングを調べました。銀行を利用することにしました。給与の振込み口座に使っている三井住友銀行で見かけていたのがきっかけでここにしました。必要な金額は30万円です。手持ちのお金も少しはありましたが、旅行なのでお小遣いも必要ですし、30万円借りることにしました
銀行にはスマホで申し込みました。必要なのは身分証明書だけだったので、簡単でした。審査もすぐ終わり、30万円は振込みキャッシングで三井住友銀行の口座に入れてもらいました。
申し込みから振込みまでその日のうち済み、即日キャッシングできました。返済も銀行引き落としにしてもらいました。給与振込口座ですので、特に考えることなく引き落とされるので、ほとんど意識することなく返済できて負担感もなく楽に返済することができました。
友達との海外旅行は楽しく一生の思い出になりましたので、行って本当に良かったです。
30代、年収700万円の会社員 いくらのマイホームなら買っていい?
不動産屋の営業マンが「これくらいの住宅ローンでこの物件が買えますよ」と提示するのは、返済期間35年(いちばん長い)、変動金利(いちばん金利が低い)で組んだローンと決まっている。これが、毎月の住宅ローンの返済額を最も安くする方法だからだ。しかし、冷静になって考え (続きを読む)