やりくりを趣味のように楽しんでいます

結婚してから、100万円を底辺に生活が始まりました。給与も光熱費・食費などの生活費は全てこの口座で管理しています。
まず主人の給料日に食費3万を封筒に入れます。その他の毎月発生する住宅ローンなどの固定金額は全て給料日に引き出します。ある程度の残高を把握できます。
そして交際費として私の給料から3万円を封筒に入れます。目標が出来るので毎月ごとに使い過ぎ・無駄遣いが把握できます。
そして食費は3万で毎月あまりが出ます。主人の実家は米・野菜を作っているのでお金が掛かりません。お酒も貰い物で済ませています。
買物方法は大量買いです。今月余裕があるなと思う時にお肉や魚など大量に買ってそれぞれ下ごしらえをしてジップロックで冷凍をします。そして買物は毎日行きます。
その日のメニューしか考えられないのもありますが、その日の特売品でメニューを考えたりもできるからです。
外出が多いので、光熱費も周りより随分安くなっていますそれでも税金のかかる月は赤字が出ます。その分、ボーナス日は大黒字になります。口座は150万を超えると別の口座に50万移し、常に100万円をキープできるようにしています。そうやって貯まっていったお金はいざという時の為の資金として手を付けません。そして大きな買い物の時は必ずクレジットカードで支払います。カード用の口座を別で作り、使う度にその金額を下ろして入れるようにしています。衝動買いの私が使い過ぎないための対策です。そして一番削れないのが養育費です。2人いるので2万円をキープできるように、使った分は給料日に2万になるように足します。
医療費も同じように1万円をキープできるように管理しています。
やりくりをするけど、ご褒美Dayもきちんと作ります。
手抜きのオンパレードもあれば、豪華にご飯を食べに行ったり、旅行にも年に2,3回は行くようにしています。こうやってコツコツお金が貯まって行くのが楽しくてたまりません。
住宅ローンの「借入可能額」の決め方とは? 審査の専門家が、銀行内部の計算法を公開年収別に、本当に借りられる額を試算してみた!
住宅を購入する前に知っておきたいのが、自分の「借入可能額」だろう。そこで、住宅ローンの借入可能額について、金融機関で住宅ローンの審査を担当していた専門家に聞いたところ、銀行内部では「審査金利」という、独自の金利を使って審査しているという。この審査金利を使っ (続きを読む)